オプティーナ OPTYNA

脇汗の原因って?

脇は多く汗をかきやすい場所

脇の下は体の中でも、汗が分泌される汗腺が集中しているため、汗を発生しやすい箇所。

 

脇の下には、エクリン腺という汗腺が多くあります。人は、体温調節のために汗をかきます。
エクリン腺から発汗される汗は、水分が99%もあり、塩分、尿素、アンモニアは、たったの1%程度です。
元々の汗は、ほとんどが、水分なので、さらさらしていて色や臭いはほとんどない状態です。
でも、汗を大量にかいてしまうことで、インナーや服についた皮脂から雑菌が大量に繁殖してします。
この雑菌の繁殖によって、脇の汗のニオイが臭くなります。
臭いのもとは、汗そのものよりも汗によって繁殖した雑菌にあります。

 

アポクリン腺の汗の臭い

脇にはエクリン腺の他に、アポクリン腺という汗腺もあります。
アポクリン腺は脇の下、陰部、乳輪、耳、デリケートゾーンなどにあります。
エクリン線からの汗との違いは、アポクリン腺から発汗される汗は、色が白っぽく、粘り気があります。
アポクリン腺からの汗には、タンパク質や脂質、アンモニア、鉄分などが含まれていて、汗をかいて時間が経つと、臭いを発生させる特徴があります。

 

生まれつきの体質や遺伝が原因でアポクリン腺の粒が大きく、数が多いことがあり、、汗をかく量にかかわりなく、独特の強い臭いを発生させます。これがいわゆるワキガと言われているものです。