オプティーナ OPTYNA

ワキガの原因は?

ワキガは「汗の臭さ」とは大きく違い、ツンと鼻につくような独特な嫌なにおいが特徴です。

 

ワキガの主な原因は、アポクリン腺から出る汗にあります。
「エクリン汗」の汗は無色透明であり、ほぼ無臭です。
それに対して、「アポクリン汗」は、タンパク質、脂質、糖質、アンモニア、鉄分、ピルビン酸などを多く含んでいて、塩分を含んでいないため、皮膚がアルカリ性に傾きやすく、菌がとても繁殖しやすい状態です。
アポクリン腺から出る汗にも、元々はニオイはありませんが、垢や皮脂が混じって雑菌が繁殖すると、強いにおいを発するようになります。
このアポクリン腺から出る汗が、遺伝や体質により多く発生してしまうことで、臭いが増し、ワキガとなります。

 

ワキガは遺伝が大きい原因

ワキガは、アポクリン腺から分泌される汗の多い体質(ワキガ体質)が原因のことがおおいものです。
この体質はとても遺伝しやすく、両親のどちらかがワキガ体質だと、約50%の確率で、両親がどちらもワキガ体質の場合は約80%の確率で子供にワキガ体質が遺伝してしまうといわれています。
ワキガが、発症するタイミングは個人差がありますが、早ければ小学生くらいから発症してしまうこともあります。
子供のワキガは、精神的なダメージが大きくまとわりついてしまうこともあるので、早めに対策してあげるとよいでしょう。